ウズベキスタンのえいが

新世界の黒沢の

旅の終わり世界の始まりをみてきました。

 

前田敦子さんえんぎうまっ!

でもそれ以上にウズベキスタンにひかれました!

 

なにをかくそう、わたし元ウズベキスタン留学生なのです!ふふふん。

 

何かをしているときに真顔でじーっと見てくるとか、変な優しさがあったり、がんこさがあったり、いった場所がたくさん出てきたり。プロフというめちゃくちゃうまい飯があったり。

 

なんかかわんねぇなぁっておもいだしてました。

 

ウズベキスタンにいったのは10年ぐらい前なのでけっこうたっていて、あのころぼくは切実に片思いしてました。

で、どうしようもなくて別の子と付き合ってました。

シルクロードを歩きながら。どうしようもなさというのを感じていた。

 

ある授業でウズベキスタンの歴史を考えたとき、教授に聞いたんですよ。

 

何があなたをウズベキスタン人としていますか?

ロシア人、モンゴル系、韓国系、いろいろな民族、宗派、政治体制、捕まえようのなさがウズベキスタンという国の印象でした。

だからいじわるな質問したんです。

日本人は結構単純に日本人を定義できるけど。ウズベキスタン人って難しいよねって。

 

なんか授業や空の青さを思い出しました。とさ。

 


前田敦子の涙が美しい…黒沢清監督『旅のおわり世界のはじまり』予告編